キャッシュレス化が進展しても、必ず現金で支払うものは…

数年前に比べるとチャージ式ICカードを使うことが多くなり、キャッシュレス化の進展を実感している今日この頃ですが、必ず現金で買うようにしているものがあります。それは夫の服です。正確にいうと、私が一人で夫の服を買うときに、必ず現金で支払います。
その理由は、夫が店で試着しないために後で返品する可能性があり、クレジットカードやICカードでは、現金で買ったときよりも返品手続きが煩雑で時間がかかるからです。実際、私が買った服を夫が家で試着して、サイズが合わなかったために返品したことが何回かあります。
先日も、夫に買ったセーターを返品しました。それまで着ていたセーターが古くなって穴が開いたので、似たようなセーターを買ったところ、窮屈だったために返品することに…。返品した時に店員に聞いてみたところ、よりサイズの大きいセーターは、入荷まで2週間かかるとのことでした。
夫の服を買うときにはなるべく本人を店に連れて行きたいところですが、忙しくてなかなか時間が取れないのが現状です。さらに夫は通販で服を買うのが嫌いです。そんなわけで私が一人で夫の服を買うことがあり、そのときには必ず現金で支払います。全身脱毛 学割