ブックオフの購入、どうなってんの?という心から思います

近年、ブックオフで古本を買いました。すると、開いてみたら紙片が落ちてきました。吉野家の引き券でした。2014年6月までとなっていました。きっと、前のクライアントがしおりに使っていたのでしょう。こういうこと結構多いのです。本屋の受け取りが挟まっていたりも多いですね。それでも、買い込みのときに店員さんは気がつくだろうし、気がつけば挟まっていたのを捨てないのですかね?って常に思うんですよ。それでいて、自分が買取にとっていくと、なんとなく痛んでおるだけで、これNoばかりですもん。どうなってんの?と思いますね。ほかにもマーカーが引かれていたり、筆記があったりなんてしょっちゅうですよ。こういうのもどちら見て買い取ってるのかと思いますね。それとも障害でぱっと見で買い取ってしまうんですか。いずれにしても自分が買い込みで行くって、甚だしく痛いですね。CDもそうです。ケースにヒビが入っているのなんてよく買ってますが、自分が譲るときは多少なりともヒビがあるってこれは代つきませんでしただもん。どうなってんの?ですよ。