誰にだって苦手な人間はひとりふたりいるよ!

今、とっても楽しく通っている習い事があるんです。
しかも2つ。ひとつは自分の趣味のもの、もうひとつは子供と一緒のもの。
どちらも楽しくてずっと続けたいなぁって思えるものですが、やっぱり少し気になってしまうことがあります。
それは、あれです。
苦手な人の存在です。
どうしてもうまく話せない、なんだか向こうも私のことが苦手なのかなぁって思って遠慮してしまう。
こんなこと言ったらダメだけどもお休みしていたらほっとする。
次は休みますって言われたら、ほっとする。

性格悪いなぁとわかってるんですが、どうしてもうまく仲良くできないんです。

そんな人には嫌われない程度に距離をおいておくようにしてますか?
他の人には私のような感じがないみたいなのですが、、。
私にも笑顔で話しかけてほしいな、なんて、望んでるからうまくいかないのでしょうか。
せっかくの習い事だからできたら全員と仲良くしたいなぁって欲張りなことまで考えてしまいます。

光学顕微鏡や細胞などについて教育しました

光学顕微鏡などについて教育しました。オッズを臨みます。レボルバーのパートを保ち、それをかちっと滞るまで回し、見晴らし易いオッズの対物レンズに替えます。次は、ピントを併せます。対物レンズのオッズを替えても、概してピントが合うようになっているので、僅か調節すればいいです。しぼりは、見やすい明るさに調節します。そして、次は細胞についてだ。地球上のアニマルは、アニマルも植物もみな細胞という初め単位でできていらっしゃる。弊社が元気に生活を送ることができるのも、健康をつくって要る多様な細胞の効き目のおかげです。そして、弊社も私たちの健康をつくっておる個々の細胞も共に助け合いながら生きているのです。これらの細胞を見ていくと、細胞の類似性と取り得が表れるに違いありません。個体が多数の細胞から至るアニマルを多細胞アニマルといいます。このようなことを覚えましたが、知らないこともあったので知れて良かったなと思いました。